母親目線で音楽の習い事について綴っているブログです。音楽のお稽古は真剣に取り組むほど、ときに精神的にも体力的にも厳しいものです。経験してはじめて知ることも多いです。そのあたりのことを掘り下げてみたいと思っています!音大進学を考えているかた、お悩み中のかた、これからお稽古はじめます、というかたなどどなたでも・・どこかで何かのお役に立てれば幸いです。

音楽大学・学校案内2018: 短大・高校・専修・大学院  

発売されています!

<広告>

 

思いつくままに、ばらっばらにですが、子供たちのレッスンにおいてかつて自分が迷ったり失敗してしまったりした事柄について書いておきますね~。適宜追加していく予定です。クリックすると、開きます。↓
  • 「こんなときどうする」の巻 (▼で開く▲で閉じる)

番号の下線は、関連する投稿へのリンクとなっています。

音大に興味がある・・最初は「まさかね」と思っているものです。でも、わかりませんよ~、お子様の気持ち、レッスンの進み具合で気持ちが変わるかも!

ソルフェージュってやったほうが良い?・・・やったほうが良いです。ピアノより先にまずソルフェなのでは?と思います。耳コピできるようになるし。楽器が弾ければみんな、伴奏つけて好きに弾いたりコードが分かったりするのでは?と思われがちですが、ソルフェをやるから出来るようになるのです。

音楽と一緒に習うとよい習い事 ・・・書道だと思います。音高のお友達調査では、書道、バレエ、を習っていたという子が多かったです。姿勢よく、字も美しくありたい。通信講座だと東京書道教育会 、ほかにPCの動画でお手本を見ながらという【100万人の美漢字ノート】 というのもあります。親子でやるのもよいかも。追記:続かなかった他の習い事も載せました。

男の子だけどピアノ習いたい・・・ぜひやって!ピアノ男子人口を増やしましょうよ~音高音大も男の子たくさんいますよ。

ピアノないけどピアノ習いたい・・高価な買い物ですから、最初から用意するのは躊躇しますよね。まずは、先生にご相談しては?しばらく様子を見てからで良いですよ、と言って下さる先生もいらっしゃると思います。

バイオリンはお金がかかる・・楽器代が、ということですよね。確かに。でも、最初は量産されている、高くないもので大丈夫だと思いますよ。先のことは腕が上がってきたときに考えればよいのです。上手になってくると、どこからか貸してくださる方が登場することもあります。まずは、予算に見合うものを用意すればよいのでは?とりあえず最初に10万円くらいは必要でしょうかね、、あとは、弦や弓の張替えなどにも時々お金がかかりますね・・

本気でやってみたくなったら・・お子さんと一緒に、本気で、二人三脚でやってみたくなったら・・それはもう、ぜひ突き進んでみてください。音楽ってとても奥が深いのです。新しい世界を見ることになります。大変ですが、この先10年、濃~い人生になりますよ。スタートが多少遅くても、この世界でもビリギャル、下剋上受験のようなことだってありますからね。

続けられるか心配・・習い事って、始める前は本当にできるかな、と不安になりますよね・・やっぱり、やりくりをひと通りシミュレーションしてみることは必要だと思います。時間と、エネルギーと、お金を使うので、ある程度の覚悟もいります。

送迎が大変・・習い事の苦労といえば、ママにとってはまず「送迎」でしょうね。駐車場がない教室だと、いつ終わる?まだか?と、張り込み中の刑事(デカ)のようにウロウロすることになります。

レッスンの付添い・・幼児のお子さんは必要だと思います。小学生以上は様子を見ながら・・時には中学生でも必要なこともあると思います。

靴下を履かないで部屋にあがる・・先生のお宅でのレッスンにて。NGだと言われました。確かにそうかも。忘れちゃったら・・仕方ないなあ~、ごめんなさいと謝りましょう~

先生への言葉づかいのこと・・いつまで「うん」でよい?と悩むこともあります。

お礼、お月謝の渡し方・・お子さんが、「よろしくお願いします」と言いながら封筒の向きに気を付けて、お渡しするのが良いと思います。

お月謝のおつり・・「おつりください」と言ってしまう行為。原則NGでしょうね~、でも別の意見を耳にすることもあり、最近ちょっと考えました。

お月謝を忘れたら取りに帰るか・・もちろん。といいつつ初めてのウッカリなら、「次週必ず」でダメかしら・・ダメかも。ダメですね。

振替レッスンのお願いをする・・これは実はかなり先生を困らせてしまう行為です。最初に「振替OK」と言われていない限り、先生が好意で「振り替えますよ」と仰るまでこちらからはお願いするべきではないと思います。

楽譜を忘れたら・・取りに帰る!でも辛いですよね~家に戻るのは。なぜ私(母)が?と思うのです。

肩当(バイオリン)を忘れたら・・取りに帰ります(笑)。

楽器(バイオリン)を忘れたら・・取りに帰ります。笑えない・・でも経験あり・・

遅刻・・NG!だめですね、万一遅れる場合は必ず連絡、きちんとお詫びします。でも危険なくらい急いではだめ。車や、信号など気を付けて~

まったく練習しないでレッスンに行く・・先生との間で話がついているならOKでしょうが、そうでなければとても失礼なことですね・・。

レッスンの録音、録画・・先生に必ず了承をいただいてから。NGの先生もいらっしゃれば、撮って必ず復習するように、と仰る先生もいらっしゃいます。

コンクールに同行していただいたとき・・交通費は最低限お渡しする。プラス、お礼、プラス、ちょこっとお菓子など?

伴奏していただいたら・・たとえ(伴奏者が)お友達のお子さんでも、お礼はしたほうが良いと思います。小さなプレゼントでも、、。プロの先生の場合は、提示された金額に交通費が入っているか、確認が必要です。交通費を含むか不明の場合は、実費より多めに切れのよい額にして上乗せしてお渡しします。発表会などで一律に決まっている場合はそのままの額で。

先生とのスケジュール合わせの連絡・・(専門の道に進む場合は特に)小学校高学年くらいから少しずつ、子供に敬語でメール連絡させる。送信前にママチェック。

発表会。先生が選んだ曲を断って自分の好きな曲を弾く・・良いのでは?うちも、何度か経験あります。でもまずは、先生は時間をかけて一人一人の生徒さんに合う曲を選んでくださっている、と忘れないでおくのが大事かと思います。提案の仕方、言い方にも気を配れるとスムーズにご理解いただけるかも。

お歳暮、お中元は必要?・・お贈りすると、もちろん喜ばれます。ただ、出来る範囲でよいかと思いますよ~(大手の教室などでは、禁止となっているところもあります。) 専門の道へ進む場合は、作法が決まっているので門下の先輩方に伺うのがベストです。

先生出演の演奏会に誘われたら・・チケットを買ってまで?と驚かれる方もいらっしゃるようです・・でも、先生のコンサートとなれば当然、先生の演奏スタイルを(腕前も!)知ることが出来るチャンスですし、ぜひ足を運んでいただきたいです。定期的にコンサートをされている先生なら、忙しい中これだけの技術を保つためには陰でどれだけ努力をされているのか・・と想像してしまうことも。ともかく、得るものは大きいですよ。

楽譜が重い・・レッスンが進むと教本も増えていきます。子供に持たせるには重たすぎる・・そんな時にはスケッチブックを用意すると良いです。10ページ超えるほどになる場合は、専用テープで製本するのが良いですよ。

防音対策はどうすれば・・どうだろう、うるさいかな?と気を遣い続けるよりは、いっそ先にしっかり対策をしておいた方が良いかも。また、普段からご近所さんとは良い関係でいることも大事ですね~ 下に防音シートのリンクもあります。

 
過去の日記投稿です

投稿一覧 

おすすめ商品リンク:

リンク先のHP(音楽関連の販売)が新しく開きます。商品はサイズ等お間違えのないようご確認ください。

アシストペダル  今はこちらが選ばれているようですね。昔はなかったな・・3セットです。下は、Amazonの4点セット。評価が高いようです。

 

防音グッズ  心配性なので、やりすぎくらいにやらないと、気が済まない。私は窓を防音シートで覆い、さらに毛布と防音カーテンで壁全体を覆いました。

軽くて丈夫なバイオリンケース  何度も言いますが、これが一番軽くて使いやすいです。Amazonからも同じものが出ていました。右側は3/4サイズの軽量タイプです、お間違えないように。

 

バイオリン レインカバー 三角型  急な雨でもサッと取り付け完了

バイオリン レインカバー 四角形 同じく、四角型タイプ用。

バイオリン レインカバー 3/4分数楽器用 同じく、分数楽器用。