習い事の悩み

子供のため、と思って始めた習い事ですが、続けていると悩みは尽きないものですね・・私もたくさん悩みましたよ。

<広告>
20 12月

あるあるの検証

生徒・講師間「あるある」の続き

一方が「こういうもの」と思う常識も、もう一方にとっては非常識である場合があります。そうなると、表面化していなくても実はトラブルが進行していたりします。

Read More

02 12月

裸足でレッスンはだめ?

靴下を家の中で履く?履かない?

この話をしたいと思いながら今まで辿り着かなかったのですが・・ようやく。みなさん、家では靴下を履きますか? 私は独身の頃まではそんなこと、気にも留めていなかったのですが・・結婚してから、我が家ではこのことが大きなトピックになりました。

Read More

01 12月

無口な彼は今頃・・

言葉づかいのこと のつづき

前の投稿で書いたパート講師の仕事の話、もう少ししてもいいでしょうか。この中学生の男の子のことで思い出したことがあるので。ほぼ自分のための日記化してますが・・

Read More

30 11月

言葉づかいについて

子供が先生(習い事の)に対して敬語を使わない、使えない、、という悩みについて。

(こういうお悩みを持つこと自体、まじめに頑張っているお子さんとママの姿が目に浮かびます)

ああ~私も、モヤモヤと気にしていた時があります。うちの子たちが小学校の3年、4年生くらいだったかな・・先生に対して「うん」「~なの?」と言ってしまう、あるいは「ただ頷くだけ」ということがよくあり、これには見ていてヒヤヒヤしていましたね。確かに。

Read More

25 11月

「おつり」ください、はNGか。

お題は、お月謝のことです。「おつりください」と、たとえば8千円のレッスンのときに1万円札を持っていくのはだめですか?ということです。

どうでしょうか。

アンケートにしてみようかなあ、とも思ったのですが、結果が5対2だったとしてそれで何が分かるだろう?と思いやめました。

まあ、ふつうは「だめでは?」かな、と思うのですが。

ちなみに私は、この場で何度か言っていますが最初はヤマハだったので(子供が習っていたのが、ですよ~念のため)お月謝は受付で「お財布から現金で支払う」か、「銀行引き落とし」のどちらかでした。そのため、こういうことは考える必要なし。

Read More

21 11月

先生とのメール

レッスンを続けていて大変だな、疲れた~と思うことはいろいろあると思うのですが、私にとっては「先生とのメールのやりとり」もそのひとつでした。

おもにレッスンの日程調整のための連絡なのですが、ほかにもコンクール参加の打診、伴奏の先生との連絡、選曲の相談、演奏会や食事会のお誘い、などなど数名の先生からのメールを常に気にかけておかねばならず、チェック漏れがないように、粗相のないようにと日々気を張ってぐったりしていました。

Read More

15 11月

あっという間に大人になる

週末、久しぶりに家でゆっくりできたので今日こそ掃除を!と思い、最近めったにやらない拭き掃除をしてみました。テレビ周りが特にすごいことになっている・・(テレビ、私はほとんど見ないので、、言い訳ですが)埃だらけです。テレビの台の棚も何年も整理していなくて外から見えない所はごっちゃごちゃ。

懐かしいものが出てきました・・

Read More

08 11月

防音の悩み

防音についてはトラウマ級のネガティブな記憶があって、あまり触れたくないと思っていたのですが・・もうそろそろ、かさぶたくらいには癒えてきたか?と思うので書きます。

もう10年以上前ですが、実は一度だけ、「うるさい」と言われてしまったことがあります。というか、原付に乗ったお巡りさんがピンポンとチャイムを押して、いらっしゃいました。止めてもらいたい、とご近所から連絡があったそうです。

Read More

05 11月

先生のコンサートのお誘いを受けたら

先生が出演されるコンサートのお誘いを、先生からいただくことがあります。

基本的に毎回、行きました。とはいえ行けるようになったのは子供たちが小学校3,4年生くらいになってから。さすがに小さいうちは連れては行けないし(ごく近場で昼間なら行けますが)、自分一人で行くにしても夜遅くまでは家を留守にできないので・・

Read More

28 10月

ピアノがないけど習いたい場合

会社の同僚(1児のパパ)から、「娘に何か楽器を習わせたいと思ってるんだけど」と相談されました。

別の同僚から、音楽の習い事のことなら私に聞くといい、と言われたそうです。まあ光栄!長年あちこちで、発表会だ、コンサートだ、音大だと触れてきたせいで広まってしまったか・・

Read More

04 10月

レッスンの付き添い(2)

数日前の投稿を読んでみて、何だかはっきりしない物言いだなあ、と思い再び戻ってきました。
モゴモゴと書きましたが何を一番言いたいのかというと実はですね・・ずばり、先生により、「付き添ったほうがいい」、無理ならせめて「レッスン後のフォローを十分に」という場合と、「先生にお任せして大丈夫」な場合がありますね・・と、言いたかったのです。

Read More

01 10月

レッスンの付き添い(しない場合もフォローは必要)

久しぶりにレッスンのことを書いてみます。「悩み事」カテゴリです。

長年レッスンに同行していると、前後の生徒さんのレッスンも見学することになる場合が多く、いろんなシーンを目撃しました。その中で、度々感じたのが「この子はたぶん辞めちゃうだろうな」という予感。だいたい的中していまうのが残念なのです。

Read More

25 8月

習い事、続けてよかったこと。

前回の続きです。追記というほどのことではないのですが、読み返してみたらあまりにも尻切れトンボではないか、と思い・・ もう少し考えてみました。

やっぱり、私は奥さまの意見に賛成ですね~

ご主人には言えませんでしたが・・ もちろん、実際のお子さんの様子を知っているわけではないので、決めつけることはできませんけれど。

以前の投稿でご紹介した空手研究会の方の言葉もまだ心に響いており・・ 

Read More

23 8月

悩み多き、子供の習い事

職場で、社内研修を受けることがあります。参加必須で多少憂鬱なのですが、研修をきっかけにそれまで話をしたことがなかった人と仲良くなれたりして楽しい面もあります。

少し前の話ですが、、コミュニケーション研修というのを受けました。その中で、参加者同士プライベートな話題を話し合う場面があり、ペアになった相手の方が「子供の習い事の悩み」をお話しされたので、おお~っその話なら聞きますよ!と本気で身を乗り出して聞いてしまいました。

Read More

29 7月

何をやってもうまくいかないときに

いろいろあって、疲れ果ててしまうときってありませんか。

そんなときに誰かの言葉で救われたい・・と思うのです。

昔は、そんなに弱っちいことは考えなかったんですよ、、

でも、最近、誰かのひとことにすごく救われたり、

素直に感謝したいと思うことが、よく、あります。

歳を取ってしまったということでしょうかね・・

 

相田みつをさんの詩の中で、

「 雨の日には雨の中を 風の日には風の中を 」

をご存知でしょうか。

Read More

18 7月

続けた人の笑顔

「続けることの難しさ」のつづきです。

もうすぐ夏休みですね・・!

この夏も、多くのお子さんが、いろんなことに挑戦なさることでしょう。

ピアノやバイオリンというのは、親子二人三脚でやることが多いです。

小さい頃は、先生に言われたことを何とかして次のレッスンまでに習得しようと、親も一緒にがんばります。と、言っても自分が弾くわけではないですが、、思い余って「ちょっと弾かせて」と子供を押しのけてみたり(でももちろん指回らず・・)、身振り手振り、いろんなたとえ話を混ぜたり、分からないなりにアドバイスしたり。

Read More

15 7月

続けることの難しさ

送迎のことについて長々書いた後に「現代空手道研究会」さんのコラムを読んで、ズンと心に響きました。

※読まれていない方のために、こちらです。

(真ん中あたりの ‟子供は必ず嫌になる 大人も必ず嫌になる・・” から6行の言葉がたまらなかったです・・私には)

Read More

15 7月

武道と音楽

子供の教育についてというコラムを偶然、読みました。

とても心打たれるものがあり、どんな方が書いておられるのか?と思いトップページまで辿っていくと、「現代空手道研究会」とありました。

武道・・音楽とは別世界のようですが、どちらも「稽古」により習得するものであり、継続してやり遂げる精神力が必要という点で通じるものがありますね。。楽器の稽古もやはり、忍耐、忍耐の連続ですから。

Read More

14 7月

覚悟が要ります!習い事の送迎

ヤマハに通い始めたのが4歳。
(下の子は赤ちゃんの頃から同席していたので、いつ入会したのかもあやふや・・)

同時に、長い長い送迎生活がスタートしました。

高校に入るまで、プラス、下の子の分を合わせると15年くらいでしょうか・・

レッスンがいよいよ佳境を迎えていたころは、週7日、毎日のことでした。
しかも行き先が二人それぞれ別・・ 兄弟で別の習い事があると、どうしてもそうなりますよね。

Read More

06 7月

プライドが邪魔して練習できない?

「うちの子は練習しなくて困る」というお話をよく聞きます。

我が家では、先生が怖かったのと、おそらく私の方がそれよりもっと怖かったのが原因で、「練習しない」なんて日はなかった気がしますが・・

自分の子ども時代を振り返ると、練習、しませんでしたね~~。

Read More