06 7月

プライドが邪魔して練習できない?

「うちの子は練習しなくて困る」というお話をよく聞きます。

我が家では、先生が怖かったのと、おそらく私の方がそれよりもっと怖かったのが原因で、「練習しない」なんて日はなかった気がしますが・・

自分の子ども時代を振り返ると、練習、しませんでしたね~~。

先生も厳しかったのに、です。練習しなきゃ、とは思うのですが・・やりたくない。

なぜやらないか?というと、なんと答えは

「恥ずかしい」から

でしたね・・

 

ピアノの上手な姉がいたのです。姉がスラスラ~っと「子犬のワルツ」なんかを弾いてるのを聞いた後で、ぽちぽちと、つっかえつっかえの演奏を披露できやしません。下手な演奏をみんな(家族ですよ)に聞かせるだなんてー。

プライド高すぎ!?

 

でも、実際に、恥ずかしいのです。だから弾きたくなかった、という気がしています。けっして、ピアノが嫌いだったわけじゃなかったんです。

その証拠に、大人になって電子ピアノを買ってからはヘッドフォンを使えるので、ガンガン練習しましたよ。ものすごいスピードで譜読みができてしまったり。

 

あんまり、こういう例はないかもしれませんが、、たとえば、3人兄弟の真ん中ちゃんとか。ひょっとしたらあるかもしれませんよ~

他と比較されずに一人になれる環境があり、あれこれ指図されずにやれて、かつ具体的な目標があれば、、一気に伸びる可能性はあるのでは? と思ったりします。ピアノやバイオリンでなくても、お勉強でもなんでも当てはまるかも。