19 7月

男の子のピアノ

子供たちの習い事について思い出して書こうとするとき、なぜかピアノと言えば男の子がらみの記憶が多いのです。なぜなんでしょう~ と、自分でも思うのですが・・

もちろんバイオリンでも素敵な方を何人も見てきたのですが、、どうも、ピアノのほうが思い浮かぶのです。

ああ~、こういうのいいなあ・・と思ったシーンは、なぜか、「男の子とお母さん」の組み合わせとか、「一心にピアノを演奏している男の子」とかなんですねー。

 

ピアノというと女の子のイメージのほうが一般的なんでしょうけど。

 

私は、どちらかというとサッカーや野球少年よりも、ピアノ男子系にやっぱりあこがれるのかもしれません。(自分がスポーツまるでダメだからだと思います・・)

自分の子供が男の子だったら、どうしてたかなあ、と思います。うちは夫が私と反対でアウトドア系なので、やっぱりサッカーか野球だったのかしら・・そして試合の応援に毎週末駆けつけたりしていた・・?

でも、小さい男の子ってママが好きだから、もしかしたらピアノを喜んでやってくれてたかも? 

 

いろいろと妄想が広がりますが・・

 

でも、男の子のピアノというのは、本人にしたら、ちょっと照れくさかったりするんでしょうか。小学生の頃とか。なんとなく、友達にも隠しちゃったり?

実際にはたくさんいるんでしょうけど、小学校のときにピアノ習ってる男の子って、そういえばあまり聞かなかった気がしますね、、。

 

ところがところが。中2くらいになると突然「俺ピアノ弾ける」みたいな子が現れますよね。突然、放課後に音楽室でノクターンとか。

実は私も中学生のとき、そういう瞬間に出くわしたことがあるのです。

掃除の時間に突然流れてきたノスタルジックな旋律。ほうき持ったまま、みんな呆然、電撃ショック。彼のノクターンに居合わせた女子みんなが痺れてしまいました。今思えば、絶妙のタイミングのカミングアウトでしたね。

 

今小学校5年生くらいで、「やーいピアノなんか」みたいに言われちゃってる男の子のみなさん。あと3年くらい、水面下で努力を続け、機会を待ちましょう。

あなたの演奏で粗野な野球少年たちをぎゃふんと言わせ、意中の女の子を彼らの目の前でノックアウト! その日が来るまでがんばれ~

 

強引ですが、私がお勧めする女の子が痺れちゃうこと間違いなしの曲は、

ショパンの「ノクターン」第2番 Op.9-2 

も良いですが、

シベリウス 「樅の木」

もお勧めです。ちょっと大人。特に冬、クリスマス近くに。(この曲収録のCDならこちら、村の教会 舘野泉 がおすすめです!楽譜はこちら(中古ですが・・))

あと、坂本龍一さんの曲はやはりシックで素敵ですね~。

 

参考になるかどうか・・雰囲気だけでもちらっと。

(ぜんぜん練習してないのに無理やり弾いてもらったので、一部のみ)

1.ショパンの「ノクターン」第2番 Op.9-2 ほんの出だしだけ!

2.energy flow これも出だしだけ!

停止ボタンを押さないと、延々繰り返されるようなのでご注意ください。

 

あとは、ファイルサイズ大きいので仕方なくYouTubeにupしました・・

↓シベリウス「樅の木」ちょっとだけ。

 

男の子だけどピアノ習いたい (←今ここ)