16 8月

台風と、音漏れの話

台風が接近しているそうです。

「いるそうです」と書き終わるまさにその瞬間、ざざざーっと降ってきました!仕事を終えてさっき家に着いたのですが、ぎりぎり降られずに家に入れたようです。

 

雨の音も、家のなかで聞くのは風情があって好きなんですよね・・外はあんなだけど、ふふふ私は家でぬくぬくとしていますよ・・なんて思ったりして。

でもこの調子では、庭がいっそう荒れてしまうことでしょう。そして雨上がりには必ず私のダイッキライなナメクジやらミミズやら、虫が増える・・

 

 

雨の日には良いこともあります。

練習の音をあまり気にしなくて良いのです~

ザバザバと降り始めると、我が家では「それ今だっ」とばかりにじゃんじゃか弾いていました。特に、ピアノは大音響ですからね、、普段は、とーーっても気を使っていますから、夜になっても気兼ねなく弾けるので有り難いくらいでしたね。

うちは、練習室の部屋全体が防音仕様になっています。でも、やっぱりピアノの音は漏れますね・・ 特に夜は、うるさくないか、道路に出て確認することもよくありました。雨の日は、ほんとうに聞こえないからびっくりです。

犬の散歩をしていると、ピアノの音が聞こえるお宅を見つけることがあります。私などは嬉しくて、次からはわざわざ聴きに立ち寄るほどですが、、あっ今この曲やってるんだ~なんて思って。そんな人は少数派でしょうかね・・

 

 

子供のころ、実家では兄弟みなで毎日順番に誰かがピアノを弾いていました。姉が一番上手だったので、最も長々弾いていましたね~。姉のピアノを聴くのが、みんな大好きだったと思います。

夜になると父が会社から帰ってきます。ある日、リビングに入ってきながら、「ピアノの音の聞こえる家っていうのは、いいいものだねえ」とニコニコしながら言いました。

家の近くまで来ると音が漏れて聞こえてきて、いいなあと思ったそうです。

それを聞いて、すごく幸せな気持ちになったのを覚えています。

「ピアノの音の聞こえる家って、いいねえ~」

そうだね~、ほんとだね~、と子供の私は思いました・・。

 

 

確かに、こう、かすかに漏れ聞こえるかんじは、すごくいいですよね。

これまでによそのお宅の中から流れてくる生クラシック音楽に「わあ~~なんて素敵なの~」と興奮してしまったことが二回あります。

一回は、子供たちが小さな室内楽の発表会に出させてもらったとき。会場のお宅(普通のおうち)が山の中の一軒家ふうの、ちょっと奥まったところにあったのですが、坂道をゼイゼイ言いながら登っていくと聞こえてくるのです。チェロとバイオリン、そしてピアノの音が!!

これには、思わず疲れを忘れて立ち止まりました。窓が開いていて、そこから聞こえてきたのでした。鳥肌ものの素敵さでしたよ。。

 

もう一回は、これも室内楽の練習会で、やはり、とあるビルの階段をゼイゼイ言って登っているとき。階段のてっぺんの先がどうなっているか見えないのですが、そこからなんと優雅な曲がかすかに流れて聞こえるのです・・「花のワルツ」でしたね、この時は。思わず素敵素敵素敵!と小さく叫んで廊下を走ってしまいましたよー。チェロ、バイオリン、ピアノのトリオはどうしてこんなに素敵なんでしょう~

 

この後、我が家でもいつか必ず「あれ」をやる!と、心に決めました。だって、我が家も坂道のてっぺんにあるんです。みなさんゼイゼイ言って登って来られることでしょう。その時には敢えて窓をちょろっと開けて、音をかすかに漏れさせる工夫をしますよ~~

追記。庭も、綺麗にしておかないといけませんね・・