28 10月

ピアノがないけど習いたい場合

会社の同僚(1児のパパ)から、「娘に何か楽器を習わせたいと思ってるんだけど」と相談されました。

別の同僚から、音楽の習い事のことなら私に聞くといい、と言われたそうです。まあ光栄!長年あちこちで、発表会だ、コンサートだ、音大だと触れてきたせいで広まってしまったか・・

<広告>

 

この同僚は日米ハーフの方。インターナショナルスクールに通う小学生の娘さんも海外暮らしが長く、家での会話は英語のみという家庭です。日本的発想がないので、話していて面白いのです。

それで、何の楽器をやりたいの、と尋ねると「バイオリンとかー?」と言う。

ところでYOU(パパ)は何か楽器をやってたんだっけ?と聞くと「いや、ぜんぜん。」イメージ的にギターとか弾けそうだけど?と振っても、「オレおんぷ読めない。」あらそうー。でもお嬢さんは音楽が好きなんだ、と聞くと「いや、今はサッカーやってる。」と。んん~謎が多い・・。

うーん、バイオリンはちょっと難しいよ、日本では特に、先生が怖いことが多いしね、と言うと、「知ってる。先生が怖いのは聞いた。じゃあ、ピアノは?」と、簡単に気が変わる・・
「ピアノは、、親が家で練習を見てあげられるなら・・」と言うと、「えー、うちピアノない。」とのこと。「も~。じゃあ、ピアノも難しいじゃーん。」と二人で笑い合いました。

「キーボードくらいなら買ってもいい」という彼に、「せめて電子ピアノくらいでないとね~」と答えました。

でも、今思えば・・どうでしょう、本当にそうかなあ?
レッスンを始めるにあたって、楽器はどうしても必要、と思い込んで出た言葉なのですが。もしかしたら最初の数回は様子見として、なくても良いかもしれないですね。もっと、ちゃんと考えて答えるべきだった・・せっかく興味を持って話をしに来てくれたのに。

ただ、家できちんとお稽古してくることを前提にしている先生にとっては、最初から「ウチはキーボードしか用意できません」と言われたら大変ショックです。とはいえ、キーボードでももちろん音楽は楽しめますし、そこからスタートしてピアノへ、と流れることもあるでしょうから、最初のうちは、ご家庭の事情によりそれぞれで良いのでは、と(個人的には)思います。

ただし、そもそもキーボードとピアノは全く違うしくみの楽器なので、先生としても教えられる内容が限られてしまいます。せいぜい数か月で「ピアノ購入」か「(”ピアノ”教室は)辞める」の選択を迫られても致し方ない、かも。

ちなみに、同様の理由で電子ピアノもダメ、とよく聞きます。まあ、その通りです。が、うちは始めて5年くらいは電子ピアノでしたよ・・。事情があって生ピアノが買えない場合もありますよね。うちも買えなかったのです。(ヤマハの先生の計らいで学校帰りにしょっちゅう教室に練習しに寄らせてもらえたのですが。)

確かに、もし自分が先生なら、これから真面目にお稽古したいという方には絶対に「できればグランドを、無理ならアップライトを!」と言います。やっぱり、うちの子がタッチで苦労したのは電子ピアノ歴が長かったせい、とも思うので・・でも本気になれば、後で差を取り戻せないことはないのです。小3~中3くらいの時期にグランドでの練習やホール練習を十分に積み重ねることができれば、挽回できますよ!本気でやるなら、しばらくは電子ピアノで我慢してその間に例えばお金を貯めるとか、環境を整えるとかするという方法も、悪くはないのでは、と思います。

余談ですがヤマハ時代、エレクトーン(小型の)を営業さんの熱意に押されて(お金もないのに)買ってしまい、今でも家に鎮座しています・・。これはこれで、いろんなリズムで伴奏付けをしたり、それなりに楽しめました。(と、思いたい。夫には「あれは必要だったのか!?」と文句を言われますが、決して無駄遣いではない。よね?)

そして、鎮座しているものは他にもあります・・親子で長年使って思い出たっぷりの電子ピアノ。今も部屋の隅っこで健在です。これは本当に、大切な良品。私が独身の頃買ったものなので相当~古いですが。音を消せるし、録音できるし、学校の作曲の宿題などで夜中まで作業するときに大活躍しました。

でも、やっぱり生のピアノの音、弾き心地(タッチというよりも、弾き心地。気持ち良さ。)は絶対に、電子ピアノでは出せません。小さい子供でも分かる「差」がはっきりとあるので、出来るなら、出来れば、、、いずれはピアノを買ってあげてほしいなあ、と思いますね~。

ということで・・一応、結論。当の本人がピアノを好きになるかどうかも不明、という状態ならキーボードからのスタートも有りかと。キーボードでさえ、もし辞めて不要になったら置き場に困ることになりそうですけどね。いっそ、1か月くらい楽器ナシで行ってみるとかね。それでOKの先生がいらっしゃれば、ですが・・。(私だったら、期間限定であればOKするかもなあ〜)

でも、もしもお子さんがピアノを既に好きなら。何とかして、本物のピアノをお願いしたいところです。

最後に、「ピアノは購入しないといけない?」という問いに対する一般的な答えとしては、「先生により、楽器についてはご相談ください、という場合と、当然アップライト以上が自宅にないとだめ、という場合があるでしょうから、事前によく聞いてみると良いと思います!」・・ということでしょうかね~。