17 11月

先生の気持ちも分かる本

以前ご紹介した「音楽教育革命」と同様に、ときどきページをめくる本です。

生徒がやめない!ピアノ教室/ますこしょうこ

(リンク切れ修正しました、ごめんなさい!)

この本を購入したのは随分前のことですが、今もときどき手に取って読んでいます。著者の、ますこしょうこ先生は埼玉県でピアノ教室を運営されているピアノの先生です。全国各地で講演やセミナーを開いていらっしゃるのでご存じの方も多いと思います。

お教室のブログを拝見すると、本当に本当に愛情を持って情熱的に、明るく、楽しいレッスンをされているのが分かり、このしょうこ先生に習うことのできる生徒さんはみんな幸せだなあ~と思わずにはいられません。もちろん先生ご自身がまずレッスンを楽しんでらっしゃるのが大いに伝わってくるのですが、この本を読むとその裏で日々積み重ねておられる研究、作業量を知ることができ、ただただ頭が下がります・・すべて真似したいと思ってしまいますが(うちの子たちのの教室で、、)なかなか簡単に出来ることではありません。

本来、ピアノの先生というのは、また音楽を教えるということは、生徒さんに音楽を「好き」になってもらい、「楽しい」と感じてもらうことがまず一番なのでは?と常々思っている私は、このしょうこ先生の姿勢が好きです。
さまざまな先生がいらっしゃり、教室も多様ですが、音楽を楽しい、好き、と思ってもらえる教室づくりを目指すなら大いに役立つ本です。

本来は先生のほうが手にする本ですが、生徒さんにとっても教室選びの参考になると思いますよ!