25 11月

「おつり」ください、はNGか。

お題は、お月謝のことです。「おつりください」と、たとえば8千円のレッスンのときに1万円札を持っていくのはだめですか?ということです。

どうでしょうか。

アンケートにしてみようかなあ、とも思ったのですが、結果が5対2だったとしてそれで何が分かるだろう?と思いやめました。

まあ、ふつうは「だめでは?」かな、と思うのですが。

ちなみに私は、この場で何度か言っていますが最初はヤマハだったので(子供が習っていたのが、ですよ~念のため)お月謝は受付で「お財布から現金で支払う」か、「銀行引き落とし」のどちらかでした。そのため、こういうことは考える必要なし。

<広告>

 

しかしその後個人の先生に移りました(この話は大学の先生ではなく)。白状すると私も当時、たぶんですが、一度くらいは「あの、今日大きいお札しかなくって・・」などと言ってしまったことがある気がするのです。

いや、私のことなので、9割、やってますね、、(覚えてないところがますます私らしく嫌になるのですが。)おそらく先生は目が点になり「あの、それでしたら今日は結構ですので、次週お持ちください。」と仰ったと思います。それを聞いて私は瞬間的に非常に恥じ入り、あわあわと封筒を引っ込めたはず。(覚えてないので想像です。)ああ、いけないことを言ってしまったー、と思ったと思います。

 

自分のことは覚えていないのですが、他の生徒さんのお母さまが同様に「すみません、細かいのを用意できなくて」と月謝袋を差し出し、先生に「・・では今回は結構です」と言われているのを目撃したことがあるのは、覚えています。なぜかというと、見てはいけないものを見た気がして、気が引けたので覚えてるのです。

 

「おつりのないように必ず用意する」のがマナー、というものなのでしょう。でも・・今思うと私は上の例ような場合の「マナー」には、ちょっと「?」と思うのです。どこが、というと・・

あえて、今は言うのはやめておきます。なぜって、また長くなりそうだから。しかも難しそう。もう今日は疲れて眠気に勝てないのでーー。

この手のことが、い~っぱい起こるこの世界。一歩すすんで、「あああー失敗・・」もう一歩すすんで「く~っ、また失態」の、連続。でも、ときには「?」と悩みの「るつぼ」となる場合もあるのです・・。はたから見たら、ちっちゃなことなんですけどね。それでも、積もり重なると重たくなってきますからね・・。